クレジットカードを作成するには審査基準を通過しなければなりません。

クレジットカードの審査基準はどうなってるの?

クレジットカードを作成するには審査基準を通過しなければなりません。

その基準の一つとして社会的な地位です。あなたが今どの企業に勤めていて、どのくらい働いているか、今後も働き続けるかどうか、年収はどのくらいかなどといったものを基準に審査が始まります。

それらの審査に通らなかった場合は、お金を貸しても会社に返済できない可能性があるということで切り落とされてしまいます。

審査をする側によっても基準が違う

審査する方によっても違います。本人のある程度の人間性を見られ、そこで判断が行われます。

よっぽどのことがない限りは、作成可能なので変に気合を入れていく必要はありませんが。普段どおりで大丈夫です。最後に、今どのクレジットカード会社を使用していて、その状況はどうなのかということが調べられます。

もしも、悪質な方法で使用していたりすると、審査に通らない可能性があります。これまでに書いてきたものを総合的に判断して、クレジットカードを発行して大丈夫かどうかというところが審査の基準となります。

最初に限度額が決められる

クレジットカードの審査に通ると、限度額が決められます。この枠を与信枠といいます。公務員など、安定した職業についていると、それだけ与信枠も大きくなると考えてください。年収が多い人より、安定している人をカード会社は評価します。

なお、普通は50万円ほどが普通。最初の与信枠はそれほど気にせず、クレヒスを積むことを第一に考えましょう。最初の与信を大きくするのではなく、育てていくことを考えるのがいいでしょう。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.5. Copyright(C)2011クレジットカードの審査に落ちた理由  - All rights reserved