クレジットカードの審査と信用情報機関の関係

クレジットカードの審査と信用情報機関

クレジットカード会社が審査を行う上で、最も重視するのが信用情報機関から提供される個人信用情報です。信用情報機関は個人信用情報の収集と管理と加盟会社に情報提供をする機関ですが、日本国内のほとんどの金融機関が3つある信用情報機関のどれかか複数に加盟しています。

それぞれの信用情報機関は相互に情報を共有していますからどの金融機関を利用していもその人の個人信用情報は分かってしまいます。クレジットカードの審査にいつも通らないということになれば、信用情報機関の個人信用情報によって落とされている可能性が高いと考えられます。

審査に落ちる心当たりがないという時には信用情報機関に個人信用情報の開示を求めることもできます。

やさしいクレジットカードの申請

どこの会社でクレジットカードの審査をするかによって通る確率が変わってくるということを知り、先ずはインターネットなどで審査の通りやすい会社を探すことが大事です。たとえアルバイトでも利用限度額は限られてもカード会社にこだわりを持たなければカードを作れないといったことはほぼ起こり得ないと考えます。

審査は一週間ほどかかり、審査を通ると晴れてカードを利用できるようになります。因みに限度額を増やすには仕事の収入を増やす他にお金を借りてもその後返済すれば会社から信頼され、お金を借りる額を増やすことが出来ます。

つまり信頼関係によって成り立っており、信頼を積み重ねていくことでお金を利用できる範囲が広がり、一人前の社会人へと成長していけるのではと考えます。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.5. Copyright(C)2011クレジットカードの審査に落ちた理由  - All rights reserved